ヤッサンの日記

風景写真やペット写真を掲載してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不動の滝見物に

本日『快晴』

そういえば、春に行った奥秩父にある【不動の滝】今頃は紅葉がきれいだろうな。

さっそく見学に行ってみました。

我が町からは、国道299で正丸トンネルをくぐって秩父の街に出るのが最短距離。

途中にある道の駅で、秩父名物『ミソジャガ』を買い込み、口にほおばって車を走らせる。

この『ミソジャガ』

小さめのジャガイモをふかし、衣を付けてテンプラ状にしたものを串にさし甘めのみそを塗ってある代物。

これが素朴で意外と『うまい!』

こちらに来た時には『是非に!』

武甲山の御膝元、山に囲まれた盆地に広がる秩父の街。

IMG_1831.jpg


お寺さんも多く、『秩父の札所めぐり』などでも有名なところ。

また、12月の2日・3日は、日本3大祭りにもなっている【秩父の夜祭】も行われる。

冬の澄んだ空気の中、きれいに開く花火は格別。

オット!

話は大きく外れました。

秩父の街より三峰神社方面に向かう。

現在は、紅葉シーズンともなっているために、かなりの車がそちら方面に向かっていた。

秩父の街から三峰神社方面に向かうにつれ、木々がかなり色づき始めて綺麗な景色となってきた。

IMG_3929.jpg

これは期待できる。

三峰神社に向かう細いトンネルに入ると、途中から二股に分かれる。

左に行けば三峰神社。

しかし不動の滝方面は右の方に。

細い曲がりくねった道をひたすら走ると、左側に【不動の滝】の看板。

その近くには車を停めておくだけのところがあるために、そこに車を停めてさっそく細い遊歩道を下る。

杉林の中を縫うように細い林道があるのだが、そこはほんの序章に過ぎない。

今回も、看板を見た都内ナンバーのカップルが車を停めて降りて行ったのだが、途中で断念して帰ってきていた。

道を下り沢にかかったつり橋を渡ると、今度は、かなり急なツヅラ折れの山道。

IMG_3875.jpg


その頂上に小さな祠。

そこより今度は、やや急な坂道を下る。

その先に見えてくるのが【不動の滝】

落ち葉を踏みしめながら、ある期待を胸に歩いていくと見えてきました。

IMG_3883.jpg
不動の滝

残念ながら紅葉に色づく中の滝とまではいけなかったのですが、あいも変わらず落ちる水の勢いに、そんな事を忘れさせてくれるものでした。

先に来ていた地元のカメラマンさんに話を聞いてみると、例年ならとっくに紅葉が過ぎているとのこと。

やはり温暖化のせいなのでしょうかね。

しばらくマイナスイオンを体に浴び、車に戻る。

時間は午後2時を回ったところ。

日が傾き始めて、紅葉した山に影ができ始める。

IMG_3910.jpg

そろそろ秩父に向けて戻ろうかと車を走らせると、光に照らされて綺麗に輝く山並みが眼前に。

車を停めて写真を撮ってみる。

IMG_3923.jpg

IMG_3874.jpg

私の腕が悪いのだろうか。

やはり感動した風景を写す事が出来なかった。(残念)

帰りに、秩父の街に近いところにあるダムによって、しばし景色を鑑賞して帰路についた。

IMG_3931.jpg





スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2012/11/04(日) 19:44:41|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<御岳渓谷の紅葉2 | ホーム | 秋の御岳渓谷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yasangenki.blog70.fc2.com/tb.php/486-f5e83129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ポチ!』ヨロシク!>^_^<

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 犬ブログへ

プロフィール

ヤッサン

Author:ヤッサン
オヤジ日記。
山や道に咲いてる『草花』大好きで、犬の相棒引き連れて散歩の途中で、撮ってます。
最近は、風景写真などにも凝っています。
お気軽にご覧下さい‼

最近の記事

最近のコメント

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

もらって得する

アルバム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。